アロマティック品種(aromatic varieties)

はっきりとした香りがあり、ぶどうの個性が際立っている品種のことを「アロマティック品種」といいます。代表的な品種は、リースリングピノ・グリゲヴュルツトラミネールソーヴィニヨン・ブランヴィオニエなどです。

アロマティック品種のぶどうを使ってワインをつくる場合、多くの生産者は樽の使用を抑えるなどして、それぞれの品種が持っている香りの特徴を活かすつくり方をします。

アロマティック品種とは反対に、ぶどう本来の香りが控え気味な品種はニュートラル品種やノン・アロマティック品種と呼ばれ、「シャルドネ」や「甲州」などがその代表的な品種です。

この記事の筆者

ボクモワイン
ボクモワイン編集部
ボクモワインの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆&編集しています。

この記事の監修

岩須
岩須 直紀
ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。

その他の用語