果梗(かこう/stalk)

「果梗」とは、タンニンと呼ばれる渋み、苦味などを含む、ぶどうのヘタや柄の部分のことです。梗(こう)ともいいます。ワインの醸造の工程で、一番最初に取り除かれることが多く、取り除く作業のことを除梗といいます。

ただし一部の生産者は、あえて除梗せず、ぶどうの果実といっしょに(まるまる房ごと)タンクに入れてアルコール発酵をさせる方法をとっています。そのような発酵を「全房発酵(ホールバンチ・ファーメンテーション)」と呼び、出来上がるワインには梗の持つ複雑な要素が加わります。

ぶどうの栽培過程については、こちらのサイトに詳しく掲載されています。

山梨県農協共済組合|ブドウの栽培管理

 

NZの濃いめの赤、最大25%OFF!

NZはソーヴィニヨン・ブランとピノ・ノワールだけじゃない!
高品質な濃いめの赤をとてもお得にご提供いたします!

詳しく見る

この記事の筆者

ボクモワイン
ボクモワイン編集部
ボクモワインの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆&編集しています。

この記事の監修

岩須
岩須 直紀
ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。

その他の用語