アタック(attack)

ワインの味わいの中で、口に含んだ時、最初に感じられる印象のことを「アタック」といいます。

ワインは、口に含んだあと、舌、上あごなど口中全体に行き渡り、飲み込む動作を経て、食道をつたって胃の中に入りますが、その一連の流れの中で、始めに感じられる第一印象のみを抽出したものが、アタックです。

例えば、「NZのソーヴィニヨン・ブランは、アタックに酸味を感じる」と表現する場合は、口に含んだ瞬間に酸味を感じることができる、という意味合いになります。

反対に、ワインを飲み込んだときや、飲み込んだ後に感じる印象は、「フィニッシュ」や「余韻」という言葉で表します。

この記事の筆者

ボクモワイン
ボクモワイン編集部
ボクモワインの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆&編集しています。

この記事の監修

岩須
岩須 直紀
ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。

その他の用語