ステンレスタンク(stainless tank)

ステンレスタンクとは、ワインを発酵・熟成する時に使用するステンレス製のタンクです。

ワインと言えば、木製の「オーク樽」のイメージが強いかもしれませんが、最近ではステンレスタンクを使用するワイナリーが増加傾向にあります。

ステンレスタンクには、おおまかに下記のような利点があります。

  1. 気密性が高く、ワインの酸化が防止できる
  2. 木樽と比べ、耐久性に優れ経済的
  3. 温度管理がしやすい

衛生的で、温度コントロールがしやすいステンレスタンクを使用することで、ワイナリーは大量のワインを安定的に供給することが可能になります。さらに、木樽と比べて長期間使用できることも、ワイナリーの経済的な負担軽減に繋がっているのです。

しかし一方で、木樽のワイン特有の風味をステンレスタンクで再現することは難しいとも考えられています。

ワインを木樽で熟成する場合は、木樽がわずかに通す酸素で、ゆっくりと熟成が進みます。加えて、その木樽特有の成分がワインに移り、ワインに深みや複雑さが加わります。

ワイナリーは、木樽とステンレスタンクのそれぞれの特性を理解した上で、自分たちのワインづくりに適した方を採用します。また、両方をつくるワインによって使い分けたりもします。

NZは、ステンレスタンクを採用しているワイナリーがとても多い国です。それは、NZではもともと酪農が盛んであり、その生乳の管理にステンレスタンクを使っていたから。酪農からワインづくりに転向した生産者は、生乳用のステンレスタンクの扱いに慣れていたため、ワイン用のステンレスタンクも自在に操ることができたのです。

また、NZのワインは、化学物質を極力使わないオーガニックワインが多く、微生物が豊富に含まれる原料でも衛生的にワインを管理できるステンレスタンクが選ばれる傾向にあります。

NZの濃いめの赤、最大25%OFF!

NZはソーヴィニヨン・ブランとピノ・ノワールだけじゃない!
高品質な濃いめの赤をとてもお得にご提供いたします!

詳しく見る

この記事の筆者

ボクモワイン
ボクモワイン編集部
ボクモワインの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆&編集しています。

この記事の監修

岩須
岩須 直紀
ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。

その他の用語