スキンコンタクト(skin contact)

スキンコンタクトとは、ぶどうを除梗し破砕したあとの果汁に、果皮を一定の時間漬け込んでおく工程のことです。

このスキンコンタクトは赤ワインを醸造する際には必ず行われます。

一方、白ワインではこの工程を経ない方法が一般的ですが、生産者によっては、白ワインでも果皮の中にある成分を果汁に移すことを狙って、スキンコンタクトをする場合があります。

よって、あえて「スキンコンタクト」という言葉を使う際は、白ワインの醸造工程で果皮を漬け込むことを指すことが多いです。

フランス語では、マセラシオン・ペリキュレール(macération pelliculaire)といいます。

NZの濃いめの赤、最大25%OFF!

NZはソーヴィニヨン・ブランとピノ・ノワールだけじゃない!
高品質な濃いめの赤をとてもお得にご提供いたします!

詳しく見る

この記事の筆者

ボクモワイン
ボクモワイン編集部
ボクモワインの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆&編集しています。

この記事の監修

岩須
岩須 直紀
ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。

その他の用語