サステイナブル・ワイングローイング・ニュージーランド(Sustainable Winegrowing New Zealand™)

「サステイナブル・ワイングローイング・ニュージーランド(Sustainable Winegrowing New Zealand™(SWNZ)」は、ニュージーランドワイン生産者協会(ニュージーランド・ワイングロワーズ)によって1997年に設立された認証プログラムです。

このプログラムは、ワインづくりにおけるぶどうの栽培や醸造まで、環境保全を目的とした基準が設けられており、環境保全の先進国であるニュージーランドで、世界に先駆けて開始されました。

その基準は厳しく、化学的な農薬を極力使わずぶどうを栽培することだけでなく、醸造時にワイナリーから排出される様々な物質にも細かい配慮が必要となります。また、日々それらのデータを監視、測定をして、環境負荷の削減に努める必要があります。

「サステイナブル(sustainable)」は直訳すると「継続可能な」という意味。今現在だけでなく「未来」の自然環境も守るという意味が込められており、あらゆる分野で使われている言葉です。

SWNZでは、「水」「廃棄物」「害虫・病気」「気候変動」「人」「土壌」という6つの領域にフォーカスされており、自然環境はもちろんワイン産業における人々の継続的な雇用の創出にまで言及されています。

現在公式サイトでは、NZの約96%のぶどう畑がこの「サステイナブル・ワイングローイング・ニュージーランド」の認証を受けていると報告しており、その基準をクリアした畑のぶどうから作られたワインには、サステイナブル認証のマークがつけられています。

NZWS_logo

NZの濃いめの赤、最大25%OFF!

NZはソーヴィニヨン・ブランとピノ・ノワールだけじゃない!
高品質な濃いめの赤をとてもお得にご提供いたします!

詳しく見る

この記事の筆者

ボクモワイン
ボクモワイン編集部
ボクモワインの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆&編集しています。

この記事の監修

岩須
岩須 直紀
ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。

その他の用語