サステイナブル(sustainable)

サステイナブル(sustainable)は直訳すると「持続可能な」という意味。近年では「人間の活動によって地球の環境を壊すことなく、未来に継続できるやり方で」という意味合いで使われることが多いです。

他の産業同様、ワイン産業においても、ワインをつくることによって、自然が壊されたり、将来住みにくい場所になってしまってはいけないと考える人が増えています。

ニュージーランドは、もともと人々の環境保護に対する意識が高い国で「オーガニック大国」とも言われます。

ワインづくりにおいても「Sustainable Winegrowing New Zealand(SWNZ)」という独自の認証があり、これは他国と比べても早い1997年に設立されました。

このサステイナブルの認証を取得するためには、たいへん厳しい基準をクリアする必要があり、化学的な農薬を極力使わずにぶどうを栽培することはもちろん、醸造時にワイナリーから排出される様々な物質にも細かい配慮が必要となります。また、日々それらのデータを監視、測定をして、環境負荷の削減に努めなければいけません。

各ワイナリーの努力により、ニュージーランドでは、サステイナブルの認証を受けているぶどう畑は実に全体の96%にのぼります。

Sustainable Winegrowing NZ

NZの濃いめの赤、最大25%OFF!

NZはソーヴィニヨン・ブランとピノ・ノワールだけじゃない!
高品質な濃いめの赤をとてもお得にご提供いたします!

詳しく見る

この記事の筆者

ボクモワイン
ボクモワイン編集部
ボクモワインの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆&編集しています。

この記事の監修

岩須
岩須 直紀
ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。

その他の用語