レイトハーベスト(late harvest)

「レイトハーベスト」とは、遅摘みのぶどうでつくられた甘口ワインを指します。

まず、ぶどうの収穫を限界まで遅らせます。そうすることで、水分が抜け甘味や旨味が凝縮し、ぶどうの糖度は非常に高くなります。

その糖度が高いぶどうの果汁を使ってアルコール発酵をしますが、その際、ぶどうの糖分が十分に残った状態(=甘口)に仕上げるのが特徴です。

レイトハーベストのワインは特に、リースリングやゲビュルツトラミネールのようなアロマティックな白ぶどう品種との相性がよく、世界各国でつくられています。

旨味が強く、とろっとした舌触りになるものが多くみられます。

NZの濃いめの赤、最大25%OFF!

NZはソーヴィニヨン・ブランとピノ・ノワールだけじゃない!
高品質な濃いめの赤をとてもお得にご提供いたします!

詳しく見る

この記事の筆者

ボクモワイン
ボクモワイン編集部
ボクモワインの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆&編集しています。

この記事の監修

岩須
岩須 直紀
ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。

その他の用語