マロラクティック発酵(malolactic fermentation)

「マロラクティック発酵」とは、通常のアルコール発酵の後、出来上がったワインの中のリンゴ酸が、乳酸菌の働きによって乳酸に変わる現象をいいます。MLFとも略されます。

ボジョレー・ヌーヴォーなどを除くほとんど全ての赤ワイン、一部の力強いロゼワインや白ワインにマロラクティック発酵は施されます。MLFを行うことで、ワインの酸味がまろやかになり優しい印象の味わいになります。

NZで注目を集めるワイナリーのワインが35%OFF

NZで注目を集めるワイナリー「ブランクキャンバス」のピノ・ノワールとシャルドネが、ラベル不良によるアウトレットSALEを実施中!

詳しく見る

この記事の筆者

ボクモワイン
ボクモワイン編集部
ボクモワインの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆&編集しています。

この記事の監修

岩須
岩須 直紀
ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。

その他の用語