酵母(yeast)

酵母とは単細胞の菌類です。

ワインを醸造するときに有効に働く酵母は、ぶどうの中に含まれる「糖」を、アルコールと二酸化炭素に分解します。

また、ワインの醸造に使用される酵母には、「野生酵母」と「培養酵母」があります。

「野生酵母」とは自然界に存在する酵母のことで、自然酵母や天然酵母とも言います。

野生酵母は、ぶどうが生まれ育った場所の個性が出るため、なるべくナチュラルなワインを好む人たちに人気があります。しかし、どの酵母がどの程度活発に働くかを予測することは難しく、そのために発酵途中にワインにとって好ましくない物質が生まれやすいという難点があります。

それに対し「培養酵母」は、ワイン醸造に向いている酵母を選抜して培養したものです。ワイナリー内で培養する場合もありますが、多くの場合、ワイナリーは酵母専門の業者から培養された酵母を購入します。

培養酵母は、事前に酵母の働きが予測しやすいため、クリーンなワインの安定生産に向いています。

NZで注目を集めるワイナリーのワインが35%OFF

NZで注目を集めるワイナリー「ブランクキャンバス」のピノ・ノワールとシャルドネが、ラベル不良によるアウトレットSALEを実施中!

詳しく見る

この記事の筆者

ボクモワイン
ボクモワイン編集部
ボクモワインの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆&編集しています。

この記事の監修

岩須
岩須 直紀
ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。

その他の用語