ブショネ(bouchonne)

「ブショネ」とは、不良コルクが原因で起こる刺激臭、またはその影響を受けたワインのことを指します。

フランス語でコルクを意味する「bouchon(ブション)」が名前の由来とされ、ブショネを起こしたワインの香りの多くは、濡れた段ボールや、異臭のする雑巾、腐った野菜などと表現されます。

ブショネが起こる原因は、天然コルクに付着したバクテリアなどと、コルクの消毒に使用される塩素系消毒剤が化学反応を起こし「TCA」という化学物質に変化することだといわれています。

またブショネの原因はコルクだけではなく、木樽からの影響で起こる場合もあります。

NZの濃いめの赤、最大25%OFF!

NZはソーヴィニヨン・ブランとピノ・ノワールだけじゃない!
高品質な濃いめの赤をとてもお得にご提供いたします!

詳しく見る

この記事の筆者

ボクモワイン
ボクモワイン編集部
ボクモワインの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆&編集しています。

この記事の監修

岩須
岩須 直紀
ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。

その他の用語