ピノ・ムニエ(Pinot meunier)

ピノ・ムニエ(Pinot meunier)フランスのシャンパーニュ地方で主に栽培されているシャンパーニュの原料となる赤ワイン用ぶどう品種の1つです。

シャンパンに使用されるぶどう品種は、シャルドネとピノ・ノワールとピノ・ムニエの3種。

このぶどうの葉の裏に白い産毛があり、それが白い粉に見えることからフランス語で「粉屋」を意味する「ムニエ」と呼ばれるようになりました。

ピノ・ムニエから作られるワインは、香りはさくらんぼやイチゴなどで、柔らかな果実味が感じられ、味わいも優しく穏やかです。

ドイツでもこの品種は作られていますが、それはスパークリングワインではなくスティルワインとして作られることが多いです。

また、ニュージーランドでも少数ですがピノ・ムニエを栽培する生産者も存在します。

NZの濃いめの赤、最大25%OFF!

NZはソーヴィニヨン・ブランとピノ・ノワールだけじゃない!
高品質な濃いめの赤をとてもお得にご提供いたします!

詳しく見る

この記事の筆者

ボクモワイン
ボクモワイン編集部
ボクモワインの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆&編集しています。

この記事の監修

岩須
岩須 直紀
ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。

その他の用語