亜硫酸塩(二酸化硫黄、SO2)

亜硫酸塩は、酸化防止剤としてワインをつくるときに少量加えられる添加物で、科学的には二酸化硫黄(SO2)と呼ばれる物質です。

酸化や腐敗を防ぐ目的で使用される他、アルコール発酵を止める役割でも使われます。

亜硫酸の添加について生産者の意見は「使わないとワインの品質が保てないから適正に使うべきだ」「なるべく使わない方が良い」など様々です。世界では近年、全体的な流れとしては使用量を減らす生産者が増えています。

ちなみに、亜硫酸は人為的に添加しなくても、アルコール発酵の課程で酵母の働きにより自然に微量ワインの中に生成されます。よって、完全にワインの中に亜硫酸がない状態のワインはほぼ存在しないことになります。

NZで注目を集めるワイナリーのワインが35%OFF

NZで注目を集めるワイナリー「ブランクキャンバス」のピノ・ノワールとシャルドネが、ラベル不良によるアウトレットSALEを実施中!

詳しく見る

この記事の筆者

ボクモワイン
ボクモワイン編集部
ボクモワインの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆&編集しています。

この記事の監修

岩須
岩須 直紀
ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。

その他の用語