あけまして、福袋

ソムリエブログ

あけましておめでとうございます。

さて、あけて早々ふと思ったのですが、年って、終わった瞬間に新しい年が始まるんですよね。

なにを当たり前のことを言ってるんだという話なんですが・・・

年と年の間に「なんにもない時間」がなく、慌ただしく終わり、急に改まってはじまるのって、なんだか少し急すぎる気がしてしまったのです。

整えるための空白が、ちょっとはあってもいいんじゃないか。

みっちり12/31まである2022年と、満を持して1/1からスタートする2023年のその間に、「さあ、1年が終わったね。そして、そろそろ次の1年が始まるぞ。気持ちを整えよう。」っていう、インターバルの時間があったら、新年を迎える心構えができるのになあ、なんて。

・・・と、心底どうでもいい書き出しからスタートした2023年です。

よく考えたら、気持ちを整えるためのインターバルって、この正月休みですね。

「もう新しい年がはじまったぞ。ならば心構えとして目標を立ててみよ。」が、「一年の計は元旦にあり」ということなのでしょう。先人はさすがによく考えている。

はい。今がそのときです。

気持ちを整えるため、一年の計を一考いたしましょう。

 

まず、お仕事編。

  • ボクモとボクモワインをもっと人気店にする(今年が正念場!)
  • ニュージーランドワインのイベントを開催(できれば音楽もからめて楽しく!)
  • ニュージーランドワインの輸入計画をつくる(NZに行くぞ!)
  • 書籍執筆の足がかりをつくる(3年以内に1冊!)

 

続いてプライベート編。

  • 父母の金婚式をやる(兄と相談だ!)
  • キャンプ再開(それくらいの余裕つくれよ!)
  • 英会話ちゃんとやる(ほんとだぞ!)
  • 筋トレもちゃんとやる(ほんとにほんとだぞ!)

 

ざっと書き立ててみました。

しかし、これじゃあ、ちゃんとした計画とは言えないなあ。ただの願望だもの。

そう、僕のような「忙しいことを言い訳にしがち」な人間は、だいたい日常の業務以外のことは後回しにします。

だから、本当なら(ほんとだぞ!)とか言っている場合ではなく、ひとつひとつの目標にカッコ書きを加えるならば、それは「期日」です。

スタートする日。実施中の日程。ゴールの日。

これを設定するのが、脱・言い訳人間の第一歩。願望が目標に変わる分岐点。わかってはいるのです。

うーん。でも、数字を書き込む=自分を追い込むです。その覚悟を決めるには、元旦だけでは時間が足りないなあ。

あ!やっぱり!

去年と今年の間のインターバルタイム、必要じゃないか!

・・・ま、ないものないので仕方ないです。このお正月の休みを使って、期日の書き入れをすることにします(ほんとだぞ!)。

 

さて、NZワイン通販「ボクモワイン」は、1/5(木)から発送スタート予定です。ワインバー「ボクモ」は1/6(金)から営業再開です。

そうそう、去年もご好評頂いたボクモワインの「ニュージーランドワインの福袋」、今年もやっております。

詳しくはこちら。

2023年「あけまして、福袋」販売開始

ちなみに、今年の我が家は「冷凍パンの福袋」をネットで注文しました。いろんなパンが30個くらい入っている福袋で、中身は届いてのお楽しみ。

4人家族なのでひとり7〜8個の割り当てになります。これはきっと、机に並べてドラフト会議をやることになりそうです。楽しみ楽しみ。

最近ははじめから中身がわかっている福袋も多いですが、僕は全部自分の思い通りのものよりも、少し遊びがある方が好きです。

だって、イベント感がある方がやっぱり盛り上がるでしょ。

ボクモワインの福袋も、受け取った皆さんが、わくわくしながら開梱して「へえ、こんなのあるんだ」→「飲んだら美味しさ新発見」っていうイベントになったら最高だな、と思います。

 

そして、今年1年も同じく。

「ボクモワインからワインが届くこと」も「ボクモで飲食を楽しむこと」も、皆さんにとって盛り上がるイベントになることを目指したい。わくわくすることをもっと作る1年にしたい。

そのための努力、しっかりやろうと思います(ほんとだぞ!)。

 

 

この記事の筆者

岩須
岩須 直紀
ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。