ねえねえ、サンタさん

ソムリエブログ

クリスマスの時期になると、いつも思い出すことがあります。

娘がまだ小学生だった頃。

クリスマスイブの夜、寝る前に娘は手紙を書きます。

「サンタさんへ プレゼントありがとう」

もらえる前提のありがとうはどうかとも思いましたが、まあ可愛いもんです。

次の年のイブ、また今年も手紙があるかなと思って、深夜、店から帰って娘の枕元を見てみると、

「サンタさんへ プレゼントありがとう サインください」となっていました。

サインくださいって。

ヤマトか!佐川か!

ご丁寧に四角で囲ったサインの欄が設けられています。

困ったなと思いつつ、それらしいふわっとしたサインを書いておきました。

翌年。

「サンタさんへ メッセージを以下に書いてください」

ハードルあがっとるやないかい!

年末の飲食店はかき入れ時で、体力もっていかれているのよ。くたくたで帰ってきて、もう寝たいのよ。

でもなあ、やっぱりここは夢にお付き合いするべきだよなあ。サンタの国のフィンランド語で書いた方がいいよなあ。

そういや大学時代の指導教官がフィンランド語の専門だった。あのときにちょっと習ったはずだけど1ミリも覚えていないや、などと思いつつ、結局、Google翻訳さんに助けてもらい「メリークリスマス」をなんと読むかわからないフィンランド語(らしき文字)で書いておきました。

さらにその翌年。

12月に娘とふたりで映画を見に行って、その帰りにショッピングモールで買い物をしました。

モール内はきらびやかなクリスマスの飾り付けで、どの店もクリスマスセールをやっています。

ふらっと雑貨屋さんに入り、いろんなのものが売ってるね、なんて話していたその時。

「ねえねえ、サンタさん、これ買って。」

・・・え。

そういうカミングアウトのやり方なのね。

いつ頃、どんな形でファンタジーの結論にたどり着いたのかはわかりません。

が、去年までの深夜のフィンランド語の努力は、いったいなんだったのか。もしかして、すでに去年あたりから娘は「お父ちゃん、困るだろうな、なんて書くかな」とか思っていたのか。

まあいい。こういうのも成長の証だ。と思うことにしよう。

結局、そのとき雑貨屋さんで何を買ったかは、今となっては覚えていませんが、「ねえねえ、サンタさん」としれっと聞いてくるあの大人っぽいトーンは、鮮明に覚えています。

もしかして将来、旦那の浮気の証拠をつきとめて、「ねえねえ、浮気男さん」としれっと離婚届を出すような女に、、、いや、さすがに考えすぎか。

とにもかくにも、僕にとってクリスマスといえば、恋人とのディナーでも、イルミネーションでも、ケーキでもなく、あの小学校6年の娘の言葉がナンバーワンの思い出となってます。

そんな我が家の娘も今年は受験生。いよいよ共通テストまであとわずか。追い込みの時期です。

「ねえねえ、サンタさん」とはもう言われなくなったけど、今年は勉強がはかどるような何かを用意しておこうかな。チョコレートくらいでいいかな。

あ、そうだ。フィンランド語のメッセージカードをつけたらどうだろう。ニヤっとしてくれたら嬉しいんだけれど。

 

今年のクリスマス、ボクモは24日のイブは通常営業(おかげさまでご予約にてほぼ満席)、25日は日曜なのでお休みです。年末は30日まで、年始は6日からやります。

さて、クリスマスといえば、ボクモワインでは今、「クリスマスプレゼント企画」をやっていますので、この場をお借りして、ちょっとお知らせです。

キャンペーンその1

パーティーにぴったりなワイン5本セットをお買い上げのお客様に、人気の定番シリーズヴィラマリア プライベートビンからお好きなワイン1本をプレゼントいたします。

プレゼントキャンペーン1

キャンペーンその2

期間中、ボクモワインで12,000円(税込)以上お買い上げいただいたお客様には、軽やかすっきりな白マナ ソーヴィニヨン・ブランを一本プレゼントいたします。

プレゼントキャンペーンその2

※キャンペーンは12/25まで

詳細はこちら▶クリスマスプレゼントキャンペーン開催!12月25日(日)23:59まで


年末年始は、ワインが必要でしょう!

来客用、お持たせ用、お祝い用。いろいろ重宝するのがワインです。それが美味しさ折り紙付きのニュージーランドワインだったらきっといい感じ。

 

 

この記事の筆者

岩須
岩須 直紀
ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。