エリザベス英女王死去。NZも追悼

top_Elisabeth

9月8日、イギリスの女王、エリザベス2世が亡くなりました。96歳でした。

今年6月には在位70周年を祝う式典(プラチナ・ジュビリー)が開催されたばかり。その在位期間はイギリスでは最長、世界的にはフランスのルイ14世の72年に次ぐ、史上2番目の長さでした。

エリザベス女王は、英連邦(コモンウェルス)に名を連ねる立憲君主制のニュージーランドにとっての国王でもあります。

9月9日の早朝、訃報を受けたニュージーランドの人々も追悼の意を表しています。

アーダーン首相「深い悲しみ」

エリザベス女王崩御のニュースが飛び込んできた時、まだ就寝中だったアーダーン首相は、首相のもとに送られた警察官によって起こされ、女王の死を聞いたそうです。

 アーダーン首相は朝の会見で、国民に向け、エリザベス女王の崩御を伝えました。

“ニュージーランドは、エリザベス女王ご崩御の報と共に朝を迎える事となってしまいました。

ニュージーランド政府と国民を代表して、ロイヤル・ファミリーの皆さんそして国王チャールズ3世に心からのお悔やみを申し上げます。

女王が過ごされた最後の数日は、まさに女王の人生を象徴するかのようでした。最後まで人々のために尽くしてくださいました。

私達は誰もが、女王崩御の報を深い悲しみだけではなく、一生を人々のために捧げてくださった女王への感謝と共に受け取ったと思います。

イギリス史上最長となる在位70年の間、常に私達と共にあってくださいました。

その間、常に人に尽くすということを自ら示し、女王としての任務を全うしてくださった事は言うまでもありません。

また常に勇気と情熱、そしてユーモアをもち、そんな女王の笑顔が強く思い出に残っています。

とても特別な方でした。”

国際連合総会欠席も?

アーダーン首相は9月17日に国際連合総会に出席するため、ニューヨークに向かう予定でした。しかし、もし女王の葬儀が重なれば、国際連合総会を欠席する可能性があることを、女王崩御の一方が入ってすぐ国営放送でこのように語っています。

“私は総督と共に、ニュージーランドを代表して葬儀に出席し、女王を偲ぶことを優先したいと思います。”

女王の葬儀は、19日に行われることが決定。アーダーン首相は国際連合総会を欠席する見通しです。また、他諸国のトップが国際連合総会ではなく葬儀を優先させる可能性があることも示唆し、

“葬儀に出席し、女王に敬意を表することを優先したいリーダーたちがいることだろう”

とコメントしています。

国際連合総会は、新型コロナウイルスの感染が広がり始めてから初めてとなる対面での開催が予定されています。

NZ高官も女王を追悼

 

37代首相ヘレン・クラーク(NZ二人目の女性首相)

“女王は様々な面でいわゆる‘田舎(好き)’の女性でした。馬や競馬を愛し、そしてたくさんのコーギーを愛していました。ウィンザー城を訪れた時、応接室から昼食会場へ移動しようと廊下にでると、突然たくさんのコーギーたちがどこからともなく現れてびっくりしたことを覚えています。カーペット中を歩き回るコーギーを注意深く避けながら歩いたのですが、とてもいい思い出です。

人々に尽くしてくれた女王は永遠に語り継がれるでしょう。女王となった時に‘死ぬまで(女王として)務める’とおっしゃっていましたが本当でした。亡くなるまで女王としての役目を果たされたのです。”

元駐英NZ高等弁務官 ロックウッド・スミス

“女王との面会の際は、お辞儀をどれくらいの角度でしろとか、いろいろとフォーマルなルールを言われるわけですが、女王と対面し、スタッフがその場を離れると、女王は本当にリアルで気さくな人なんです。人をくつろがせるのに長けた方で、親密な感じで話をされる、見識に富んだ、そしてとても思いやりのある方でした。”

35代首相ジョン・ボージャー

“素晴らしい思い出の一つに、妻と出席したバッキンガム宮殿での女王とのランチがあります。世界の話をしましたが、決して重い話ではなくて、人生についてのあらゆる側面の話をしました。とても素敵な時間でした。”

総督シンディー・キロ

“女王と最後にお話したのはZoomででした。なんといっても女王は90代。Zoomは比較的新しい技術なのに、とても慣れた様子で自然にお話をされていました。そしてその場をすぐに和ませ、話を弾ませてくれました。”

女王の崩御を受け、ニュージーランドは国全体が喪に服します。半旗が掲げられ、国中に追悼帳が設置されます。そしてイギリスでの公式の葬儀のあと、ニュージーランドでも国葬が行われる予定です。

NZで注目を集めるワイナリーのワインが35%OFF

NZで注目を集めるワイナリー「ブランクキャンバス」のピノ・ノワールとシャルドネが、ラベル不良によるアウトレットSALEを実施中!

詳しく見る

この記事の筆者

石黒
石黒 沙弥
高校・大学時代を過ごしたNZを故郷と愛する。購入するワインは100%NZで、常備しているのはSILENIのソーヴィニヨン・ブラン。マーマイト大好き。歴代彼氏の半分以上がKiwi。
1 / 4