商品情報にスキップ
1 / 5

グローヴス マーティンボロ ブランフュメ 2022

通常価格 ¥5,390
通常価格 セール価格 ¥5,390
税込価格です/ 配送料は購入手続き時に計算されます。
10,000円以上のご購入で送料半額、15,000円以上のご購入で送料無料となります。(北海道、沖縄、離島へのお届けを除く。)
送料についてはこちらをご覧ください。
お支払い方法のロゴマーク表示 VISA、マスターカード、JCB、アメリカン・エキスプレス、アップルペイ、グーグルペイ、ペイペイ、楽天ペイ、ペイパル、アマゾンペイ
20歳未満の方の飲酒は法律で禁止されています。

現在、GW直前セール中につき
カートで15%OFF!
割引価格をご確認ください

この商品を選んだ人 ソムリエ岩須

 

NZワインが好きすぎるソムリエ。名古屋でワインバー「ボクモ」を経営。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。

ワンランク上のこだわりSB

フレンチオークとステンレスタンクを併用して野生酵母で発酵。6ヶ月間澱とじっくり熟成。フルーツ感の奥に、樽由来のクリーミーさ、スモーキーさを感じます。

香ばしく焼き色をつけた魚介、鶏料理がよくあいます。例えば、鮭とキノコのグリル、ガーリックシュリンプ、ディアボロ風チキン。

ソムリエ岩須による商品紹介
NZらしくないNZ?

「ニュージーランドらしくないニュージーランド。

 でも、やっぱりどこかニュージーランド。」

そんなワインをご紹介します。

ワイナリーは「グローヴス」。オーナーのサイモン・グローヴスさんの名前からとっています。

彼は、母国ニュージーランドだけでなく、アメリカ・カリフォルニアや、イタリア・カンパーニャなどでもワインづくりを学んだ経験があります。

つまり、ずっと地元というタイプではなく、広い世界で学んだことを地元に活かしているといういわゆるUターン勢。

(僕のお気に入りワイナリーMahiのブライアン・ビックネルさんもそうです)

当然、海外での経験が自らのワインメイキングに反映されています。それは、栓を開けて飲んでみると、すぐにわかります。

このワイン、なんとソーヴィニヨン・ブランという表記がありません。Blanc Fumé(ブラン・フュメ)と書いてあります。

ブランは白。フュメは煙。

フランスには、ソーヴィニヨン・ブランの名産地で「Pouilly-Fumé(プイィ・フュメ)」という土地があり、その地のソーヴィニヨン・ブランは、スモーキーな香りがするのが特徴です。

そして、アメリカ・カリフォルニアの一部の生産者は、それを意識して、自らがつくるソーヴィニヨン・ブランを「Fume Blanc(フュメ・ブラン)」という表記で売っています。

つまり、ワイン用語でフュメは、ソーヴィニヨン・ブランを形容する言葉として、ちょくちょく使われているのです。

ただ、ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランはその表記は見たことがない。おそらくNZ産は、フルーツ感が前面に出ているものがほとんどで、スモーク感があまり感じられないからでしょう。

そこへきて、このグローヴスのソーヴィニヨン・ブランは、「ブラン・フュメ」ときたもんだ。

おそらく、国外で体験したワインづくりを、地元に持って帰るとなったときに、「フルーツ感いっぱいの味はすでにみんなやっている。だから、自分はスモークの香りがする伝統的な味にしよう」となったのだと思います。

グラスに注ぎ、ちょっとスワリングをすると、普通のNZSB(ニュージーランド ソーヴィニヨンブラン)じゃないことがわかります。

おしとやかで、押しつけがましくない、ふんわりとした香り。あんずや白桃などのストーンフルーツ(種が大きな果実)のニュアンスをしっかりと感じます。

口に含むと、かなり複雑な味わいなのがわかります。フルーツ以外の要素でいちばん目立つのはクリーミーさ。旨みが強く、飲み込んだ後に、ほのかにスモークの印象が残ります。

全体としては、フルーツ感がしっかりとあるものの、それ以外の要素も強く、それがバランス良く両立しているイメージです。

ヨーロピアンなテイストとニューワールドのテイストが同居しているとも言えるかな。

つくりとしては、フレンチオークとステンレスタンクを併用して野生酵母で発酵し、6ヶ月間澱とじっくり熟成しているということ。

つまり、現代的なつくりと、クラシカルなつくり、両方の良いところを採っていると言えます。

飲んだ第一印象は、ニュージーランドらしくない。でも、やはりフルーティーな旨みは貫かれている。このバランス感は、新しいニュージーらしさ、と言えるかもしれない。

そんなワインが「グローヴス ブランフュメ」だと思います。

あわせる料理は、この樽の微かな風味にあわせて、香ばしく焼き色をつけたものがいいでしょう。

例えば、鮭とキノコのグリル、ガーリックシュリンプ、ディアボロ風チキンなどは好相性だと思います。

ちなみに、この2022年ヴィンテージは563本しかつくっていないので、なかなかレアなアイテムです。

在庫がなくなったらもう入らない可能性もあります。気になった方はお早めに。

ワイナリー「グローヴス」について

『GROVES』はサイモン・グローヴスとアマンダ・リッチーが手がける家族経営の小さなワイナリーです。

ニュージーランド生まれのサイモンは21歳の時にワインの世界へと足を踏み入れました。世界を旅する中でUKのワイン商で働き始めたことがきっかけでした。

この時からワインの魅力に取り憑かれ、リテールでの仕事を経てワイン造りに興味を持ちます。

そこでニュージーランドへと戻り、ホークスベイのワイナリーで仕事を始めました。

Church RoadとMontanaでの仕事と並行して栽培と醸造の学位も収め、その後再度海外へ渡りカリフォルニア・ソノマのClos du Bois、イタリア・カンパーニャのFarnese Viniでもワイン造りを学びます。

帰国後は、パートナーのアマンダと共にファインワイン造りに大きな可能性を持つマーティンボローへと移り住みました。

マーティンボローは非常に高品質で個性豊かな葡萄を栽培できる土地。Palliser Estateでのワイン造りを経て、現在はTe Muna Valleyのワインメーカーを務めています。

その傍で、2014年からマーティンボローの小さな谷に位置する自宅の約6haの土地にピノノワールとシャルドネの植樹を開始しました。

ホームヴィンヤードを徐々に確立しながら契約畑も活用し、満足のいく年だけグローヴスとしてのワインをリリース。

マーティンボローのテロワールを最大限に尊重しながら、ヨーロッパ的なフィネスを併せ持つワイン造りに取り組んでいます。

産地ワイララパについて

「ワイララパ」はNZの北島南東部に位置し、首都ウェリントンから車で 約1時間というアクセスの良さもあり、リゾート地としても人気の地域です 。

この地方にあるサブリージョン「マーティンボロ」は、気候や土壌の条件がフランスの「ブルゴーニュ」とよく似ており、世界でもトップクラスのピノ・ノワー ルの生産地として知られています。

ワイララパ

グローヴス マーティンボロ ブランフュメ 2022(GROVES Martinborough Blanc Fumé 2022)

項目 内容
ワイナリー名 グローヴス
生産国 ニュージーランド
産地 マーティンボロ
種類
ぶどう品種 ソーヴィニヨン・ブラン
ヴィンテージ 2022
アルコール度数 13.2%
容量 750ml
備考 スクリューキャップ

ボクモワインでご購入の方にお届けします!

注意事項

※画像と実際の商品のヴィンテージやラベルデザインは異なることがあります。

※ワインには、浮遊物による濁りが生じているものや、澱(おり)と呼ばれる沈澱物が含まれている場合があります。これらは、ワインを製造・熟成する過程で生じるものであり、品質には問題ありません。また、身体への影響もありませんので、安心してお召し上がりください。

ギフト対応について

ボクモワインでは、大切な方への贈り物に最適なギフトラッピングを承っております。

現在、有料のギフトボックスは「2本用のみ」となっております。カート画面で追加してください。

ギフトボックスをご購入の場合はラッピングし、さらにプチプチで包んでお送りします。

なお、以下については柔軟に対応しておりますので、必要な場合はカート画面にてご入力ください。

  • メッセージカード(無料)
  • ギフトボックスなしのラッピング(2本まで)
  • 熨斗(無料/記載内容をお教えください)
  • 領収書発行可能(無料)
→ ギフトボックスと無料ラッピングについて

商品のお届けについて

  • 日曜・祝日・長期休暇を除き、ご注文から2日以内に発送致します。
  • 諸事情により告知なく発送業務をお休みする場合がございます。
  • 配送日のご指定は、ご注文日より4日後から承ります。ただし年末年始や夏期休業など店舗が連休に入る場合はこの限りではありません。
  • お急ぎの場合は、配送日時「指定しない」を選択し、希望日を備考欄にご記入ください。可能な限り発送の手配をさせていただきます。(ご希望に添えない場合はメールにてご連絡いたします)
  • 商品の出荷状況や災害・天候などによる交通事情により、発送までに上記より日数を頂く場合がございます。